交通事故の弁護士相談の費用相場どのくらい?

交通事故の被害に遭った際に弁護士に示談交渉を依頼する場合、弁護士費用がどのくらいか分からない為に相談をためらってしまうケースがあります。

ここでは、弁護士費用のおおまかな相場や内訳を解説していきます。

弁護士事務所ごとに設定されている費用は異なるので、具体的な金額が知りたい場合は問い合わせてみることをおすすめします。

相談料

基本的に弁護士に相談することで一定の相談料がかかります。

1時間につき5000円から1万円というのが相場となっているようですが、弁護士事務所によっては無料で相談を受け付けてくれるところもあります。

着手金

着手金とは、弁護士が依頼を受けることで、結果にかかわらず支払われる費用のことをいいます。
依頼が途中解約となった場合にも依頼者に返金されることはありません。

着手金の相場は、依頼内容の難しさや補償金の金額によって違いがありますが、20万円から30万円の間となっています。

成功報酬

依頼した案件が完了することによって弁護士に支払われる費用です。
補償金の額に応じて変動することがほとんどです。

増加した賠償金のおよそ10%ほどの金額が目安です。

日当

弁護士が裁判所に行く場合や、交通事故現場に行く場合の費用です。

弁護士事務所ごとに時間で計算される場合と1日あたりで計算される場合があります。

実費・経費

必要な書類を郵送した際の郵便代金や、事故現場や裁判所に行った際の交通費などが当てはまります。

弁護士費用の節約方法

弁護士費用は、相談料+着手金+成功報酬+日当+実費・経費から算出されます。

少しでも弁護士費用を節約するためには、任意保険に付帯している弁護士費用特約を利用することができます。

弁護士費用特約とは任意保険のオプションのひとつで、月々一定額を支払うことで弁護士に依頼した際の費用を保障してくれる制度です。

また、近場の弁護士に依頼することで費用を安くことも可能です。
交通費や日当は事故現場との距離が関係するためです。