交通事故の損害賠償は「積極損害」「消極損害」「物的損害」「慰謝料」

交通事故で被害者が加害者に対して請求できるのが損害賠償です。

損害賠償は、積極損害と消極損害、慰謝料と物的損害の4種類の損害の合計金額となります。

それではそれぞれ細かく見ていきましょう。

積極損害とは?

積極損害は、交通事故に遭ったことで起きた負傷の治療のための入院費や治療費などが当てはまります。

リハビリテーションのための費用や手術の費用、通院のための交通費やマッサージや鍼灸の費用、そして被害者が亡くなった際の葬儀費なども含まれます。

どの費用が請求できて、どの費用が請求できないのかというのは、弁護士に相談して初めてわかることもあるため領収書は捨てずにきちんと保管しておくことが大切です。

消極損害とは?

消極損害は、交通事故に遭わなければ本来得られたと予想される利益の損害です。

仕事を休んだことに対する補償の休業損害や負傷による後遺障害に対する後遺障害慰謝料、それから後遺障害や死亡によって未来の収入が少なくなることに対する逸失利益が該当します。

慰謝料とは?

慰謝料は、交通事故の損害賠償の中で最も大きな割合を占める費用です。

慰謝料には、病院への通院や入院に対するものと、後遺障害に対するもの、そして死亡してしまった場合に遺族に支払われるものがあります。

物的損害とは?

物的損害は、交通事故の際に被害者が運転していた自動車の修繕費や買い替えの費用、代車の使用量や積荷の損害が当てはまります。

人身事故でなく物損事故の場合は、この物的損害のみの損害賠償請求となるので注意が必要です。

損害賠償額の計算式

損害賠償額は、4種類の損害額の合計金額×(1-被害者の過失割合)で算出されます。

仮に過失割合が10%であった場合には、損害額の90%が損害賠償額としての請求が可能ということです。