交通事故慰謝料には3種類の算定方法がある

交通事故の慰謝料の算定方法には、自賠責基準と任意保険基準、そして交通事故の過去の判例を基に算定される弁護士基準の3種類があります。

自賠責基準

自賠責基準とは自動車のオーナーとなる人の加入が義務付けられている自賠責保険による算定方法です。

基準が明確となっていることから慰謝料の算定がしやすいというメリットがありますが、その分慰謝料の金額が少なくなる傾向があります。

例えば入院や通院に対する慰謝料は、入院や通院のトータル期間もしくは実際に通院した日数の倍数のどちらか少ない方の金額に対して、一律4200円をかけたものが採用されます。

任意保険基準

任意保険基準とは、損害の種類が限定されている自賠責保険を補うために加入する任意保険による算定方法です。

自身が加害者となった際の対人や対物の事故や、事故車両や人身事故に対する補償が該当します。

保険会社ごとに基準があり、基本的には非公開のため自賠責保険のように明確な基準ではありませんが、大抵は自賠責保険で算定された慰謝料よりも多くなる可能性があります。

弁護士基準

弁護士基準とは、裁判所の判例を参考として算定されることから、裁判所基準とも呼ばれている方法です。

先述した自賠責基準や任意保険基準と比較して、慰謝料の算定が高額になることが多いことから、被害者にとってメリットが大きい算定基準と言えるでしょう。

例えば後遺障害に対する慰謝料ですが、仮に1級と認定されたとすると自賠責基準では1100万円となりますが、弁護士基準では2800万円となることが多いようです。

弁護士に依頼するためには弁護士費用を支払う必要がありますが、基本的には慰謝料を含めた補償金から支払われますのでまずは相談してみましょう。