交通事故被害を弁護士に相談するメリットとは?

交通事故に遭ってしまい被害者となった後には、大抵の場合、加害者側の保険会社の担当者と示談のための話し合いをすることになります。

保険会社は独自の査定や評価基準によって適正と思われる慰謝料を提示してきます。
渡された書類に必要事項を記入し、印鑑が捺されることで示談が成立します。

この場合、慰謝料が相場よりも低い金額であったり、時間の経過とともに後遺障害が発生してしまったとしても、一度成立した示談は変更されることはありません。
ここでは、交通事故の被害を弁護士に相談する場合のメリットについて解説していきます。

面倒な手続きから解放される

弁護士に交通事故被害の相談をするメリットのひとつに、示談交渉の面倒な手続きから解放される点があります。

被害者自身が示談交渉をするとなると、まずは手続きの方法や準備する書類などを確認してから、決められた期日までに提出することになります。
軽症で済んでいれば良いのですが、長期間の入院をするほどの症状の場合、本人だけで行うのは困難です。

法律用語などの普段は聞き慣れない言葉もたくさん出てくる書類は読むだけでも大変ですし、ましてや理解するのはそれ相応の時間がかかります。

もともと法律の知識がある人だとしても、交渉相手は百戦錬磨の保険会社です。
生半可な知識だけでは太刀打ちできない可能性があります。

治療に専念できる

交通事故被害の示談交渉を弁護士に依頼することで、怪我の治療に専念できるのもメリットのひとつです。

ただでさえ怪我によって仕事も休業しなければなりませんし、収入が減ってしまうことも考えられます。
特に怪我の初期にきちんとした治療ができるかどうかで、後遺障害につながるケースも少なくありません。