交通事故被害を弁護士に相談するメリットとデメリット

交通事故被害の示談交渉を弁護士に相談することで、示談に関する面倒な手続きから開放され治療に専念できるメリットがあります。

反対に弁護士相談することでデメリットもあります。

今回は交通事故被害を弁護士に相談するメリットとデメリットについて解説します。

弁護士基準(裁判基準)での慰謝料

交通事故の慰謝料は自賠責保険が基準となるものと保険会社の基準の他、弁護士基準のものがあります。
この中で最も慰謝料が高額になるのは弁護士基準です。

会社ごとに異なりますが、保険会社からの慰謝料は自賠責保険基準や保険会社基準に算出する事が多く、できるだけ安く済ませようと働きかける場合があります。

弁護士に示談交渉を代わりにしてもらうことで、上記のような基準ではなく、最も高くなる「弁護士基準(裁判基準)」による慰謝料が得られる可能性があります。

弁護士に相談するデメリットとは?

弁護士に相談することでメリットがある反面、デメリットとして弁護士費用がかかることです。

ただし、費用は慰謝料の総額から差し引かれることが大半のため、極端に高額となることはないと思われます。

契約している任意保険によっては、弁護士特約がオプションとなっていることもあるため、その場合は弁護士費用を負担することなく、弁護士に依頼することが可能です。

交通事故を不得意とする弁護士もいる

弁護士はそれぞれ得意とする案件のジャンルがあります。
そのため、交通事故被害の相談を専門にしていたり、得意としている弁護士を探すことが大切です。

ジャンル違いの弁護士に依頼しても丁重にお断りされる場合もあるため、すぐに見つかれば良いのですが、見つけるまでの時間がかかってしまうこともデメリットのひとつかもしれません。